頭皮のかゆみ

頭皮のかゆみを解消するシャンプーの選び方

現在、使っているシャンプーが石油系シャンプーの場合には、アミノ酸系シャンプーや石鹸シャンプーを選ぶのがおススメです。石油系シャンプーは洗浄力が高いのですが、頭皮に残りやすいというデメリットがあります。洗浄力の高さがあだになっている場合もあります。毎日、しっかり洗っているからこそ、頭皮に必要な皮脂まで洗い流して乾燥してかゆいということも考えられます。現在、石油系シャンプーを使っているという場合で、すすいでもヌルヌルして泡切れが悪かったり、背中にニキビができる方は別の種類のシャンプーに変えてみましょう。市販されている、多くのシャンプーは石油系シャンプーです。アミノ酸系や石鹸シャンプーは、特売のシャンプーよりは価格が高い場合が多いです。しかし、泡切れが良いのですすぐ時間が短くなり、水道代は安く抑えられる可能性もあります。美容院でカラーリングをしている女性は、石油系シャンプーよりカラーの持ちが良くなる可能性もあります。なにより、界面活性剤の残存が無くなったり、皮脂を余分に洗い落とさないことでかゆみが改善される可能性が高いです。

 

頭皮湿疹の対策法

頭皮湿疹の一つに脂漏性皮膚炎があります。どんな病気かというと、カビなどが皮膚に異常発生することで起きます。頭皮や顔に炎症が起こるという特徴があり、様々な要因で異常にカビが増えていきます。脂漏性皮膚炎の原因は、生活習慣と大きく関わっていて、洗髪不足、ビタミンB2やB6の欠乏、睡眠不足、食生活の乱れ、ホルモンバランスの崩れ、ストレスなどが指摘されています。脂漏性皮膚炎は、空気が乾燥してくる秋から冬にかけて多発する傾向にあります。症状としては、フケやかゆみを伴うのですが、一度かかるとなかなか治りにくい病なのです。頭皮だけでなく、鼻のわきや耳の中などの皮膚もむけたり、かゆみが発生することがあります。また、脱毛の原因になることもあります。皮膚に住み着くカビが脂をエサに増殖し炎症を起こすことで脂漏性皮膚炎になるわけですが、このカビは誰の皮膚にもいる常在菌です。特に悪さをする菌ではないのですが、皮脂が過剰分泌されると、皮脂を栄養源としてカビが増殖します。脂漏性皮膚炎にならないためには、こまめに洗髪や洗顔をして、頭皮や皮膚を常に清潔に保つことが大事です。

 

頭と髪の改善対策

続きを読む≫ 2016/01/26 12:19:26

頭皮湿疹に負担が少ないシャンプーを選ぶなら、できるだけ頭皮に刺激がないものがおすすめです。頭皮湿疹は、かゆみや赤みを伴うので、シャンプーは症状を悪化させないものを選ぶ必要があります。頭皮湿疹の症状が重い場合は、医師からシャンプーの使用をとめられるケースもあるので、いかにシャンプー選びが大事であるかがわかります。頭皮湿疹には、出来るだけ頭皮の状態に適しているものを選ぶ必要があり、頭皮に優しいシャンプーを選ぶことが大切です。頭皮湿疹に負担が少ないシャンプーと言えば、無添加のシャンプーがあります。天然素材の原料だけで作られていて、化学物質を使わないので、頭皮に優しく低刺激です。洗髪の際に頭皮を優しく洗うことができるので、頭皮湿疹に負担が少ないシャンプーとしておすすめできます。頭皮の皮脂と水分のバランスを整えてくれるシャンプーもおすすめできます。汚れや過剰な皮脂を適度に落とし、頭皮の皮脂や水分のバランスを整えてくれるからです。シャンプーは、直接、頭皮に触れるものなので、原料はできるだけ自然由来のものが良いです。頭皮の皮脂を取り過ぎないシャンプーを選ぶことが大事です。

 

頭の皮膚改善法

続きを読む≫ 2016/01/26 12:17:26